2015年11月12日

彼女は綺麗だった 全16話あらすじ一覧 ファン・ジョンウム パク・ソジュン チェ・シウォン


MBCドラマ「彼女は綺麗だった」あらすじ一覧です。

000.png

ストーリー:完璧な初恋のアイコンから超不美人になったヘジンと肥満男から完璧な男に生まれ変わったソンジュン、完璧に見えるが抜け目の多いセクシー女ハリ、ベールに包まれた“ギャップのある男”シニョク、そんな4人の男女のラブコメディ。

登場人物・キャスト紹介はこちら→


読みたい回をクリックしてください☆

第1回あらすじ 第2回あらすじ 第3回あらすじ 第4回あらすじ 第5回あらすじ
★続きはこちら★


posted by mini at 13:31 | TrackBack(0) | 彼女はキレイだった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼女は綺麗だった 第16回(最終回)あらすじ ファン・ジョンウム パク・ソジュン チェ・シウォン

「彼女は綺麗だった」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「彼女は綺麗だった」16話(最終回)

いつの間にか忘れていた子供のころの夢である”童話作家”に挑戦することにしたヘジンは会社を辞める。
ソンジュンと一緒にアメリカには行かず、1年間童話作家たちと住み込みで共同作業することにする。



童話作家たちと楽しく作業するヘジン。アメリカで仕事に励むソンジュン。
毎日電話したりビデオ通話するが、ヘジンに会えずに寂しがるソンジュン。

数か月経ち、すっかりヘジンのストレートも取れて天パに戻る。
電話の様子からソンジュンが風邪を引いているようで心配するヘジン。

大学院で勉強を頑張っているハリがヘジンに会いに来る。
ハリが22歳の男の子に告白されたと聞いて驚き、からかうヘジンw



ヘジンが生き生きと楽しんで童話の共同作業をしていることを感じるハリ。
THE MOST編集部に行かなかったらここには来ることは無かったと話すヘジン。

ハリと食事中、たくわんを見ながらシニョクの事を思い出し、笑顔になる。
最後にヘジンに挨拶しに来たシニョクは、”毎日だとソンジュンが怒るかもしれないからたくあんを見た時だけでも俺の事を考えて”と言ったのだった。
★続きはこちら★
posted by mini at 13:22 | TrackBack(0) | 彼女はキレイだった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月06日

彼女は綺麗だった 第15回あらすじ ファン・ジョンウム パク・ソジュン チェ・シウォン

「彼女は綺麗だった」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「彼女は綺麗だった」第15話あらすじ

THE MOSTが20周年特集号で1位を取るようにするため、自身が正体不明の有名作家「テン」だと正体を明かすことにしたシニョク。



自分は誰なのか、どう生きて来たのかが録音されているレコーダーをソンジュンに渡し、これで20年特集号を作れと話すシニョク。
シニョクの申し出に戸惑うソンジュン。

今まで長く正体を隠していた理由があるだろう?どうして明かそうと思ったんだ?と言うソンジュン。
永遠の秘密は無い。これだけの良いタイミングが又あるかとも考えたり。他の人が自分の話を騒ぐのは嫌だけどヘジンがしてくれるなら大丈夫だと思って。と話すシニョク。
こうすることがTHE MOSTを再生することにも、周りの人のためにも最善だと思うシニョクは、必ず記事を書くようにソンジュンに頼む。

プンホが会長の息子で副社長になったという事実に衝撃を受けた編集部メンバー。
正式に編集部メンバーに挨拶をしにくるプンホ。
プンホから会長に頼んでTHE MOSTを救ってくれないかと言うメンバーに、もう聞いてみたけどMOSTの本社が決めたことだから無理だと話すプンホ。

ヘジンはソンジュンに電話をかけ、プンホが副社長で会長の息子なんだと話す。



驚くことが多いな・・・と言うソンジュン。
★続きはこちら★
posted by mini at 14:51 | TrackBack(0) | 彼女はキレイだった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月05日

彼女は綺麗だった 第14回あらすじ ファン・ジョンウム パク・ソジュン チェ・シウォン

「彼女は綺麗だった」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「彼女は綺麗だった」14話あらすじ

20周年特集号を成功させてTHE MOSTの再生させたら、ヘジンにプロポーズすると言うソンジュン。
ずっと一緒に居たい。二度とヘジンを失いたくないと話すソンジュンに、ソンジュンが言う通り成功して欲しい。。と答えるヘジン。
ヘジンにキスするソンジュン。

デスクに置き忘れていたソンジュンの携帯には、レナードキム側からインタビューをキャンセルするという連絡が入っていた。



キム監督から、レナードキムが大麻の容疑で調査中だという噂があると聞いたシニョク。
電話で確認し、レナードキムのインタビューが不可能だと分かったソンジュンは大きなショックを受ける。

レナードキムのインタビュー記事がダメになり、これで廃刊になってしまうのかと沈む編集部のメンバーたち。
代わりに話題の作家テンのインタビューはどうか?という話が持ち上がる。個々の人脈などもフル稼働させてテンに接触することにするソンジュンや編集部のメンバー。

出版社に行き、テンの情報を尋ねるソンジュン。
テンが韓国人なのも今回初めて知った。知っているのはメールアドレスだけで、原稿が送られてきてそれを翻訳して出版している。と話す出版社の人間。



メールアドレスも教えられないと言われたソンジュンは、メールでテンにインタビューの件を伝えて欲しいと頼む。
★続きはこちら★
posted by mini at 18:45 | TrackBack(0) | 彼女はキレイだった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月30日

彼女は綺麗だった 第13回あらすじ ファン・ジョンウム パク・ソジュン チェ・シウォン

「彼女は綺麗だった」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「彼女は綺麗だった」13話あらすじ

過労で倒れたソンジュンの病院に駆けつけたヘジン。
ヘジンにキスして抱きしめるソンジュン。

突然見舞いにやって来たララ編集長に驚く二人。慌てて病室のクローゼットに隠れるヘジン。
今回もクローゼットに隠れるヘジンに、クローゼットマニアかと言って笑うソンジュン。



翌朝になり、退院したソンジュンは自宅マンションから出勤する。
ハッピーなソンジュンは服に鳥のフンが落ちてきても笑ってしまうw

今日は両親の結婚記念日だから実家に来いと言うヘジンに、同僚が送別会をしてくれるから日程変更出来たら連絡すると言うハリ。

エレベーターの中で出勤して来たシニョクに気まずいヘジン。
またヘジンをからかって、振って気まずく感じるヘジンを気楽にさせるシニョク。
ヘジンと今までのように気楽に付き合いたいシニョク。★続きはこちら★
posted by mini at 13:35 | TrackBack(0) | 彼女はキレイだった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月29日

彼女は綺麗だった 第12回あらすじ ファン・ジョンウム パク・ソジュン チェ・シウォン

「彼女は綺麗だった」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「彼女は綺麗だった」12話あらすじ

空港でハリの姿を探すヘジン。
ハリの姿を見つけられず、ハリ母と共に日本に旅立ったと思って泣くヘジン。



ベンチに座るヘジンに気付いたハリは声をかける。
まだ行ってなかったのね!と抱き付き、行かないで。。と言って泣くヘジン。
ハリは日本に帰る母親の見送りにやって来ていたのだった。安心するヘジン。

今回母親と色々話して、幼いハリを置いて出て行った事にも同じ女性として理解したハリ。
どうして仕事を辞めたりカードを解約したり荷物を整理したりしたのかと尋ねるヘジンに、とんでもないことをしたのも自分が子供だったからだと言うハリ。
今まで親のコネで就職し、親のカードで好きなだけ洋服を買い、欲を出してはいけない人が欲しくなったり。。。ヘジンにもなんて言ったらいいのか分からずに逃げた。そんな子供みたいな自分から脱皮する決心をしたハリ。ヘジンに心から謝るハリ。

次号の20周年号で販売1位にならなければTHE MOSTは廃刊になる。重いプレッシャーがかかるソンジュン。
ヘジンに会いに来るソンジュン。ハリに気を遣い、ソンジュンに会いに行くと言えずに出て行くヘジン。



編集部の人々為にも廃刊にできないと責任を感じて忙しく働くソンジュンを心配するヘジン。

家に帰るとシャワーを浴びたシニョクが待っていて驚くソンジュンww



沢山の企画資料を持って来たシニョクだった。廃刊になると聞き、面白くなってきたシニョク。
帰りの車の中で、行けなくなったと英語でどこかに断りの電話を入れるシニョク。★続きはこちら★
posted by mini at 14:40 | TrackBack(0) | 彼女はキレイだった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月23日

彼女は綺麗だった 第11回あらすじ ファン・ジョンウム パク・ソジュン チェ・シウォン

「彼女は綺麗だった」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「彼女は綺麗だった」11話あらすじ

ミーティングが早く終わったソンジュンは、ホテルに出勤していたハリと後で会う約束をする。
ホテルでハリが優秀ホテルマンとして表彰されたポスターの”ミン・ハリ”と言う名前を見るソンジュン。



ミン・ハリさん!と呼び止めた声で振り返るハリ。呼んだのはソンジュンだった。
お前は誰なんだ?どうしてお前がキム・ヘジンだったんだ?一体お前の正体は何なんだ?とハリを問い詰めるソンジュン。
ソンジュンの迫力に押され、友達・・・ヘジンに頼まれて一日だけで良かったんだけど、ホテルで偶然また会って・・今日全部話して謝ろうと思ってたんだけど。。と話すハリ。
本物のキム・ヘジンは俺の想像しているその人で合っているのか?と尋ねるソンジュンに、そうだと答えるハリ。
謝るハリを残して立ち去るソンジュン。

初恋のキム・ヘジンとヘジンが交錯して混乱していたソンジュン。
そのヘジンが”キム・ヘジン”だと分かり、急いでヘジンに会いに行く。★続きはこちら★
posted by mini at 12:22 | TrackBack(0) | 彼女はキレイだった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。