2016年04月02日

町の弁護士チョ・ドゥルホ 2話あらすじ パク・シニャン

「町の弁護士チョ・ドゥルホ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「町の弁護士チョドゥルホ」第2回予告動画


「町の弁護士チョドゥルホ」2話あらすじ

ホームレスから、弁護士として復活したドゥルホ。
放火殺人の件で起訴されたピョン氏の弁護をすることにしたドゥルホ。
急に共同弁護士が現れ、驚くウンジョ。
ドゥルホがこの間会ったホームレスだと気付くウンジョ。

証拠も証人も居ないまま弁護するドゥルホ。
被害者がピョン氏をいじめていて、酔ったピョン氏が被害者を”殺してやる”と言っていたと証言もある。
5年前、ピョン氏が全財産をかけて食堂をオープンしたが、ビルのオーナーから出て行けと言われ、怒って放火した前科を話し、ピョン氏に迫る検事ジウク。
困ったドゥルホはお腹を壊した振りをして、一時裁判を中断してもらうドゥルホ。

ピョン氏は酒を飲むと正常ではなく、そのせいだと主張するウンジョと、ピョン氏は無罪だと言い合いになるドゥルホ。
共同弁護士なのに二人の主張が食い違い、裁判長に叱られるウンジョとドゥルホ。★続きはこちら★ スポンサーリンク
posted by mini at 00:21 | TrackBack(0) | 町の弁護士チョドゥルホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月01日

町の弁護士チョ・ドゥルホ 1話あらすじ パク・シニャン

「町の弁護士チョ・ドゥルホ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「町の弁護士チョ・ドゥルホ」予告動画


「町の弁護士チョドゥルホ」1話あらすじ

上司ヨンイルが止めるのを無視し、大企業の会長であるチョン会長の不正を追及する検事チョ・ドゥルホ。
チョン会長の弁護をするクムサン法律事務所の弁護士でドゥルホの妻ヘギョンや、代表のシヌに”最善の方法だ”と言われ、法廷で”検事ドゥルホに賄賂を渡した”と証言したチョン会長。
賄賂を受け取ったという濡れ衣を着せられ焦るドゥルホは法廷を飛び出し、義父でもありクムサン法律事務所の代表シヌに会いに行って助けてくれるように頼む。
義父シヌに冷たく突き放され、上司ヨンイルの息子で同じく検事のジウクによって逮捕されるドゥルホ。

捕まったドゥルホに離婚を突きつけ、娘の親権を放棄したら執行猶予1年で検察とかけあうと条件を出す妻ヘギョン。
”お互い愛し合って結婚したわけじゃない。元々似合わないもの同士だった。あなたはあなたの場所に戻って。”と言うヘギョン。
ドゥルホは懲役6ヵ月、執行猶予1年の有罪判決を受け、検事を辞めることとなる。

3年後―――――
★続きはこちら★
posted by mini at 20:28 | TrackBack(0) | 町の弁護士チョドゥルホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月31日

我が家のはちみつの壺 106話あらすじ Secretジウン

「マイスイートホーム〜我が家のはちみつの壺〜」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「我が家ははちみつの壺」106話あらすじ

結婚を考え直そうと言いだすポムに、別れようと考えたことは一度も無いと言うマル。
間に割り込もうとするジェニーの事を気にするなと言うマルに、気にせずには居られないポム。

ジェニーは契約のために、ポムに伝統酒カクテルを取引先の人達の前で作らせる。
いくら上司と言えども無礼なジェニーに腹を立てるポム。

アランを利用して捨てたと、ギルスを責めるテホ。
地方の工場に飛ばされたアランの辞令を取り消ししろ、地方には自分が行くと言うテホ。
地方の工場に行くために、家を出るアランだったが、テホと離婚する気持ちは無い。

地方に行く前に、グッキにお金を置いて行こうとするアラン。
アランに気付き、家の中に入れるグッキ。
家の中に居るアランの姿を見たウルリョンたちは腹を立て、家から追い出す。

アランと話をし、ミダルの店の倉庫部屋に泊まらせるポム。
テホから離婚しようと言われたことを話すアラン。そんなテホに腹を立てるポム。
アランは夜中、その倉庫部屋から出て行く。

朝になり、アランが居なくなり驚き、探すポム。★続きはこちら★
posted by mini at 20:04 | TrackBack(0) | 我が家のハニーポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我が家のはちみつの壺 105話あらすじ Secretジウン

「マイスイートホーム〜我が家のはちみつの壺〜」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「我が家ははちみつの壺」105話あらすじ

プンギルダンの伝統酒の大会で優勝したポムは、母のおかげだとグッキに花束を渡す。
記者も集まっているその場所で、優勝したら前社長である母グッキに伝統酒を研究させるようにしてくれるとギルスが言ったと発表するポム。慌てるギルス。
プンギルダンにグッキが復帰できると知り、祝福する家族や社員たち。

困った状況になり、イライラするギルス。
てっきりアランたちが優勝すると思っていたソニョンは、お祝いの食事などを用意していた。それに怒るギルス。

全財産を社会に還元するというマル父に同意するマル。
それを聞いて驚くミダルやカウルw

イライラするギルスは妻ソニョンに当たる。
腹が立ったソニョンは家を出て、ジェニーに会いに行く。

マル父は、ギルスを理事の前で審査委員長買収の件を追及する。
ギルスは審査委員長を言い聞かし、自分の罪をアランに押し付ける。ショックを受けるアラン。
白々しく”嫁の教育を間違えた”と謝るギルスに、呆れるマル父。

マルを屋上に呼び出し、突然キスするジェニー。それを目撃してショックを受けるポム。
そんなことをするならアメリカに帰れ!と怒るマル。
★続きはこちら★
posted by mini at 19:12 | TrackBack(0) | 我が家のハニーポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

町の弁護士チョ・ドゥルホ キャスト・登場人物紹介 パク・シニャン

パクシニャン主演KBSドラマ「町の弁護士チョドゥルホ」キャスト・登場人物紹介です。
000.jpg

「町の弁護士チョ・ドゥルホ」 あらすじ一覧はこちら→

主な登場人物紹介☆

チョ・ドゥルホ パク・シニャン
00.jpg
40代前半。高卒学歴で司法試験で最高点を取り、検事となる。
超高速で昇進し、大韓民国最高の法律事務所代表の娘と結婚したし、瑞草洞(ソチョドン)で一番常勝し疾走した。
検事になった後は、上がさせることは何でもした。無罪を有罪に作るまでして。
だがずっとそうすることはできなかった。
結局3年前、人生にブレーキがかかってしまい、全部失った。愛する家族も離れていった。
愚かだった。。どれくらい後悔したのか分からない。
3年間の長い彷徨を終わらせて、町の弁護士としてカムバックした。
3年を飛び交って、悟った。自分がしなければならないことは真実を明らかにすることではなく、くやしい人を弁護するということを。★続きはこちら★
posted by mini at 16:53 | TrackBack(0) | 町の弁護士チョドゥルホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月29日

記憶 4話あらすじ イ・サンミン 2PMジュノ

「記憶」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「記憶」4話あらすじ

電話しても連絡が付かないテソク。
先に食事を始めるヨンジュたち。
やっとレストランに現れたテソクに喜ぶ娘ヨヌ。

ポケットの駐車場のチケットに気付き、車の中に忘れた携帯を見てレストランが分かったテソク。
こうやって家族で食事をしたこの日もいつか忘れる・・確実なのは私には守らなければならない家族があるということだ。。。と考えるテソク。

症状が突然進んだ気がして不安になるテソクは夜中、ジェミンに電話する。
こそこそと電話するテソクに気付くヨンジュ。



今日待たずに食事をした事をテソクに謝るヨンジュ。
また約束を忘れたのかと思って待つのが嫌だったと話すヨンジュ。
もし、俺がまた遅れたら待つな。申し訳ないとも思うな。と言うテソク。★続きはこちら★
posted by mini at 16:35 | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記憶 3話あらすじ イ・サンミン 2PMジュノ

「記憶」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「記憶」3話あらすじ

ピエロのお面を被った男から、”俺が殺したんじゃないって言っただろう・・”と迫られ、キム博士の看護士から”殺人者!”と言われたり、亡くなったドンウが出てくる夢を見るテソク。

子供を誘拐したと、看護士ソニが施設で一緒だったお姉さんが訴えられており、警察に助けに行くジン。
施設の友達が捨てた子供を自分の子どものように7年間育てて来たお姉さんだったが、実母に誘拐で訴えられたのだった。

娘に犬のぬいぐるみを買って帰ったテソク。だが、家に帰ってみると同じぬいぐるみを娘が抱いて寝ていた。
数日前にテソクが買って来たと妻ヨンジュから聞き、驚くテソク。その記憶の無いテソクは動揺する。

インターネットでアルツハイマーに関する記事を調べるテソク。
ジョンウのことで相談がある・・とテソクに言うヨンジュ。途中で仕事の電話がかかり、ヨンジュの話を忘れてしまうテソク。
そんなテソクに、あなたの頭の中には私達家族の事はあるの??と怒るヨンジュ。
関心が無いわけじゃなくて、最近忙しくて・・と誤魔化すテソク。
息子ジョンウには内緒だと、ジョンウの事を相談するヨンジュ。

翌朝、ジョンウを学校に送るテソク。
俺は思春期のころは好奇心のせいで悪いことをやって来た。何をしても俺はジョンウを信じる。と話すテソク。
ジョンウの友達に会い、美味しい物でも食べろとジョンウにお小遣いを渡すテソク。暗い表情のままのジョンウ。



エレベーターでこっそりと手を繋ぐ代表チャンムと弁護士ジョンウォン。
チャンムはジョンウォンからプレゼントされたネクタイを締めていた。★続きはこちら★
posted by mini at 14:26 | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。